平成29年度の税制改正大綱で、医療費控除の領収書の提出方法が見直しされました。
医療費控除について、平成29年分よりセルフメディケーション税制が開始されたことの他に、医療費に関する明細書の作成及び提出が義務付けされ、領収書の提出については5年間納税者が保管することが義務付けされました。またいわゆる「医療費のお知らせ」を明細書に添付することで明細記入を不要(領収書の保存も不要)とする改正も行われました。

今回「平成29年分確定申告の医療費の明細書添付義務化のお知らせ」という2ページのリーフレットが公表されました。改正のポイントは、「平成29年分の確定申告から領収書の代わりに“医療費控除の明細書”の添付が必要になりました。」とのことで、「医療費控除の明細書(裏面)の記載例」等が案内されています。

詳細はこちら